美容師の業務内容とは

美容師の資格で出来る事

トップ

美容院と理容院の違い

美容室と理容室の違いは何だと思いますか。前者が女性が行くところ、後者は男性が行くところというイメージがなんとなくありますが、実際はどうなのでしょうか。名前が違うだけでなく、扱う内容が異なります。理容は、散髪や、剃りなどがメインなのに対し、美容はカラーやパーマ、セットなど見た目を美しくすることがメインの業務であると定義されています。しかし、美容室でも、もちろんカットも行いますので美容は理容も内包していると考えても良いかもしれません。最近では男性も美容室に行くことが多いですし、もちろんパーマを当てる方もたくさんいます。

理容が男性専用というのは間違い

美容師と理容師の違いをあなたはご存知ですか。前者の場合は、パーマをかけたり、メークをしたりして見た目を美しくするのが仕事だから女性向け、後者の場合は、散髪、髭剃りなどで容姿を整えるのが仕事ですから、男性向けであると漠然と思っている人も多いでしょう。しかしそれだけにはとどまりません。この両者は実は全く別のもので、国家試験も別々に行われますし、当然免許も別々です。また、それぞれを管轄する法律も異なっています。尤も実際はその境界線はあいまいで、美容師でもシェービングを行えますし、理容師でもパーマをかけることができますから、必ずしもどちらかがどちらかの専門とはいえなくなっています。1人で両方の資格を持つことも可能で、両方の資格がある場合、髪に関するすべての業務を行えます。